木村裕介 (東工大)

シミュレーテッド量子アニーリングの熱平衡状態への収束条件

シミュレーテッド量子アニーリング(量子モンテカルロ)を用い、一定の有限温度の下で熱平衡状態に収束する条件を導出した。 実際の応用上は温度が低い場合を主に考える。これに加え、トロッター数が大きい場合には基底状態への収束との比較が可能となる。 得られた熱平衡状態への収束条件は量子アニーリングの基底状態への厳密な収束条件と定性的に合致する。また、ノイズの影響を含めた効果についても言及する。